結婚式の招待状の返信期日は「当日の1ケ月前」が一般的

結婚式の招待状の返信期日は「当日の1ケ月前」が一般的 結婚式は参加する人の人数によって調整などやるべきことが変わるので、招待状の返信期日は1ヶ月前に設定するのが一般的です。
そのため送る方は余裕を持って2ヶ月前に発送するのが基本です。
相手が参加するのかを検討する時間が短くなってしまうような送り方をすると、マナー違反になりかねないので注意が必要です。
招待状を受け取った側も同様に、常識として指定された期日までに返信するものです。
もし都合がまだわからなかったり、気付いた時には過ぎていた場合は、ひとまず別の方法で連絡しておいた方が良いです。
そして人数が多い場合は、結婚式当日が近づいても返信がこないこともあるはずです。
その時は直接会ったり電話での確認が必要になるかもしれません。
ただその人がうっかり忘れてしまっていたり、返信しないことが欠席の意図を伝える手段だと思っている可能性もあります。
そのことを踏まえた上で、当たり障りのない方法を選択しなければなりません。

結婚式の招待状は返信が遅れる人のことを考えて早めに出すべき

結婚式の招待状は返信が遅れる人のことを考えて早めに出すべき 結婚式に向けた準備は本当に大変です。
決めなければいけないことが驚くほどたくさんありますし、やっと決めたと考えても見直しを迫られることも多いです。
招待状を出せる段取りまでこぎつければ、かなり進捗としては好ましいことが想定されますが、まだまだ安心はできません。
参加して欲しいゲストに招待状を送れば、参加か不参加の返信が届くのが通常です。
多くの人は間髪入れずに送り返してくれますが、中には遅れる人も存在します。
いついつまでと期限を切っていても、それまでに送ってくれない人もいるため、電話やメールを使って意思を確認しなければいけません。
そのための時間に手間取ることは意外と多く、無駄な時間を浪費してしまう可能性があります。
あらかじめ時間がかかることを想定して、余裕を持って結婚式の案内をすることが賢明です。
その人にばかり時間をかけてしまい他の段取りが滞ってしまうことも考えられるため、事前に遅れそうな人がわかるようなら先手を打つ慎重さも必要です。

新着情報

◎2022/8/20

情報を更新しました。
>結婚式の招待状はペーパーレスも可能になっています
>結婚式の招待状を送る前にまずはリストアップ
>結婚式の招待状におしゃれなクラフト紙を使うと良い
>結婚式の招待状に張り付けるための切手代は?
>メロディーつきの結婚式招待状に関することについて

◎2021/2/14

オリジナルでするメリット
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

成功させるには試食が重要
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

招待状に使う封筒の紙質
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

メッセージを添えた招待状がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました