結婚式の招待状はいつ送るのがベスト?

結婚式の招待状はいつ送るのがベスト? 結婚式が決まったら用意する物のうちに招待状がありますが、いったいいつ頃送るのが良いのでしょうか。
一般的には結婚式の約2〜3ヶ月前に発送するのが1つの目安となっており、これより早すぎると招待するゲストのスケジュールがはっきり決められないというケースも考えられます。
これよりも遅い時期ですと既にゲストの予定が入ってしまっている事がありますので、2〜3ヶ月前がベストとなっています。
また特にお世話になっている方や上司の方には、直接手渡しするという場合もありますが、このケースでも郵送の発送と同様の時期で良いでしょう。
招待状を発送するお日柄では、ハガキの消印が大安かもしくは友引となる日が望ましいです。
縁起の良い日に案内状を送るという考えもありますし、年配の方に対する配慮という面でも抑えておきたいポイントです。
この場合は確実にその日の消印をもらえるようにするためや、折れ曲がりを防ぐためにポスト投函ではなく窓口で出すのがおすすめです。

結婚式の招待状を出すおすすめのタイミングとは

結婚式の招待状を出すおすすめのタイミングとは 結婚式の招待状を発送するタイミングは、一般的に式本番の2から3か月前とされています。
これは、ゲスト側の都合を一番把握しやすい時期であることに由来します。
結婚式の日取りが決まっているからと言って出欠を取るタイミングが早すぎるとまだ予定がわかりません。
一方で、ぎりぎりになってしまうとほかの予定がすでに入っているリスクが高まります。
そのため、2から3か月前の投函を目安とすることをおすすめします。
また、消印の日付が「大安」あるいは「友引」になるような日柄にするのが良いとされています。
これは、おめでたい日に大切な人を招待する案内状は縁起の良い日に出した方が良い、という考えに由来します。
必ず守らなければならないないルールではありませんが、中には日柄を気にする人もいます。
可能であれば、日取りの良いに投函するのが無難と言えます。
さらに、投函はポストにではなく郵便局の窓口に直接持って行った方が間違いがありません。
ポストだと天候によっては曲がったり濡れてしまう可能性がゼロではないためです。

新着情報

◎2022/8/20

情報を更新しました。
>結婚式の招待状はペーパーレスも可能になっています
>結婚式の招待状を送る前にまずはリストアップ
>結婚式の招待状におしゃれなクラフト紙を使うと良い
>結婚式の招待状に張り付けるための切手代は?
>メロディーつきの結婚式招待状に関することについて

◎2021/2/14

オリジナルでするメリット
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

成功させるには試食が重要
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

招待状に使う封筒の紙質
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

メッセージを添えた招待状がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました